松本アイクリニック(松本眼科):茨城県龍ヶ崎市(眼科・眼医者)

目の病気・トラブルの基礎知識 タイトル

光がにじんで見える・目が重い・最近物にぶつかる 緑内障(りょくないしょう)

緑内障は40歳以上の人の20人に1人が持っているといわれる、非常に多い疾患です。症状の進行がゆっくりで、初めは自覚症状がないので病気をもっていることに気がつかない方がたくさんいると考えられています。健康診断で発見されることが多いので、精密検査を勧められたら必ず眼科を受診してください。

緑内障では、目の中の圧力(眼圧)が高くなったり、視神経の血流が低下したりすることで視神経の働きが障害されると考えられています。

初期には視野(しや)検査(けんさ)をすることでやっと見つかるくらいの軽い視野(しや)障害(しょうがい)がでますが、それに気付かずに放置したり、突然に眼圧がとても高くなる緑内障(りょくないしょう)発作(ほっさ)を起こしたりすると重篤な視野障害をおこして視力が低下します。一度生じた視野障害が元に戻ることはありません。

検査で緑内障が見つかったらそのタイプを診断し、視野障害を進行させないために眼圧を下げる治療をおこなったり、発作を起こしにくくするための処置をおこなったりします。

知っておきたい目のトラブル









リンク集お問い合わせサイトご利用規約
リンク集お問い合わせサイトご利用規約
Copyright (c) 2017 MATSUMOTO EYE CLINIC All Rights Reserved. Web Produce by soundboard.